インプラントとは

失われた歯を再現するインプラント

インプラント(implant)は、”植える”という意味を持つ言葉で、そこから医療用語として”移植する”、また”移植する物”を指すようになりました。歯科でいうインプラントは、人工歯を顎の骨に挿入する治療のことです。
失われた歯を再現する方法としては、ブリッジや義歯のように歯根の存在しないものもありますが、ものを噛んだり話したりすることに対してより自然で快適な選択肢として、インプラントが高い評価を得ているようです。
インプラントは、鋭利なドリルによって顎の骨に穴を開け、チタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとする外科手術です。
ドリルで穴を開けた部分にインプラントを埋め込むと、骨とインプラントの間にはミクロン単位の隙間が生じますが、そこに骨を再生させる細胞が入り込んでインプラント表面と骨が密に接触するようになります。下顎で約3ヶ月、上顎で約6ヶ月の期間を経て機械的に結合するとされているようですが、最近では古典的な無意味な期間とも言われています。

近代インプラントの誕生

近代インプラントの誕生は1952年、スウェーデンの学者であったブローネマルク(branemark)らのチームが、生体に対して不活性な材料を用いればインプラントと骨が直接強固に結合し、インプラントが体外へ排出されないことを発見したことに始まります。このインプラントと骨の結合をオッセオインテグレーションといい、近代インプラントが成功したきっかけとなる大発見といって良いでしょう。
生体に対して不活性な材料として注目されたのがチタンで、現在殆んどのインプラントがチタン製のようです。
ブローネマルクにより1965年に初めて臨床導入されて、その当時のインプラントが未だに機能しているというのは凄いですね。右の写真はブローネマルク教授と1965年に治療した患者(写真左)らしいです。その後、世界各国で120万人以上がインプラントを受けるに至っています。