インプラントのメリット

インプラントの様々なメリット

インプラントのメリットとはどんなところにあるのでしょうか?
違和感が無い
インプラントは、天然歯と殆んど変わらない感覚を再現することが可能です。
耐久性
入れ歯は5年、ブリッジは7年といわれるのに対し、インプラントは15年も持ちこたえるといわれます。状態が良ければさらに長持ちする。40年以上経っているものもあります。
良く噛める
義歯では満足に噛めないことがありますが、インプラントは強い力が加わっても安定しています。固いせんべいでも歯にくっつきやすい餅でも何でも食べられるんです。
味覚が落ちない
義歯では、噛む力が弱くなったり、粘膜の一部が覆われたりすることで味覚が低下することがあります。インプラントでは味覚の低下する要素は見当たりません。
話しやすい
入れ歯が合っていなかったりすると発音に支障をきたすことがありますが、インプラントではそのようなことが起こることはまずありません。
周りの天然歯への負担が少ない
義歯やブリッジでは、周囲の天然歯に負担がかかり、結果として残りの天然歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。インプラントは、残りの歯に依存することがないので全体の寿命を延ばすことが出来ます。

インプラントのデメリット

インプラントは外科手術であり、歯科においての外科手術の中では高度な技術や経験が要求されることは確かでしょう。それらに関してはリスク要因を医師・患者が把握していれば回避できる(不適応ということもある)ものですから、治療そのもののデメリットとはいえません。
患者にとっては、国民健康保険が適用されていない為、 費用が高価であるという点が現実的にはデメリットですが、生存年数などを考えると義歯やブリッジに比べてどちらが経済的負担が大きくなるかは分かりません。
インプラントの形状や表面の改良による性能の向上、骨質・骨量の不足を補う骨造成・骨移植の進歩、歯科技工物の品質向上などによって、さらにインプラントの質は向上しています。現在では、15年生存率90%以上ともいわれるまでになっています。