インプラント治療の流れ

治療の流れ

インプラント治療には、1回法、2回法の2種類があります。これらの治療では、インプラントを挿入後にインプラントと骨が結合するまでに非過重治癒期間を設定する必要があると考えられています。一般に、下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月の治癒期間を要するといわれます。
非過重治癒期間というのは、結合が強固になるまでインプラントへの負荷がかからないようにする期間です。患者は義歯をつけるか、もしくは補綴物無しで生活することになります。
現在では、非過重治癒期間を必ずしも3ヶ月、6ヶ月という長期間取る必要がないことも分かってきていて、その期間内の不快さを軽減する為にも、早期負荷・即時負荷インプラント(次頁)という治療期間や来院回数を減らす試みも進んでいます。

1回法と2回法

1回法
1回法は、インプラントを顎骨に挿入後、口腔内に露出させる方法です。メリットは、手術回数を1回で済ますことが出来る点です。
歯肉を切開し、顎骨にドリルで穴を開ける

インプラントを挿入インプラントが露出

数ヵ月後人工歯を装着


2回法
2回法はインプラントを粘膜下におき、オッセオインテグレーション(骨結合)が成立するまでの間口腔内と隔離しておく方法です。2回歯肉を切開する必要があるので2回法といいます。
2回法が提唱された理由は、骨とインプラントが結合するまでの非過重期間に出来るだけ負荷を少なくし、感染リスクを最小限にするためとされます。
ただし、1回法による感染リスクや成功率の低下は殆んどないとも言われており、2回法が明らかに優れているというわけでもないようです。
ドリルで穴開け

インプラントを挿入歯肉内に隠れる

数ヵ月後歯肉を開く

人工歯を装着