インプラントの種類と評価

インプラントの種類とは

現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。材質はチタンが殆んどですが、未だにチタン以外の材質も僅かながら存在しているようです。
形状や表面の性質などがインプラントの特徴を決める要素で、以下に代表的なものについて簡単に解説します。

代表的なインプラント

ブローネマルクインプラント
スウェーデンで開発されたインプラントで、ブローネマルクの研究を元に開発されたインプラント。30年の実績があり、世界的に普及しています。2回法で行うことが多く、治療期間も比較的長いのが特徴です。
ITIインプラント
スイスで開発されたインプラントで、ブローネマルクに対抗すべく作られました。表面を酸処理し粗面にすることでオッセオインテグレーション(骨結合)までの期間を早め強度を向上させています。一回法で使用されるケースが多いインプラントです。
アストラインプラント
スウェーデンで開発されたブローネマルクインプラントの改良型です。インプラントの表面を粗面に加工することで骨とインプラントの結合する面積を増やし、インプラントの早期固定、強度の向上を実現しています。現在、最も評価されつつあるインプラントのようです。