義歯やブリッジとの比較

インプラントが行なわれる以前は、歯を失った場合の選択肢は義歯(入れ歯)かブリッジでした。どちらも安定性が低く、天然歯と比べると「不快感がある」「良く噛めない」「発音に支障がでる」「味覚が落ちる」など様々な点で問題がありました。

インプラントとブリッジ

ブリッジの場合:前後の歯を削って3つの歯がつながった技工物をつけます。前後の歯に負担がかかり、インプラントに比べ快適さ、耐久性などにも劣ります。
同じ場合にインプラントなら前後の歯を削る必要がなく、負担も少なくてすみます。勿論、見た目も気になりません。

インプラントと義歯

義歯の場合:見るからに不快感が漂ってしまいます。見た目だけでなく、味覚が下がったり、良く噛めない、衛生管理が大変といった問題が出てしまいます。同じ場合にインプラントなら、しっかり固定され、自然で長持ちします。こういった違いがインプラントが人気がある理由です。