インプラントと歯周病

歯周病−歯を失う最大の原因

インプラントが必要となるのは自分の歯を失ってしまったか、手放した方が良いという理由があってのことです。8020運動なんていう目標を耳にしますが、親知らずを除いて28本ある歯のうち、70代で20本、80代で24本が失われているというのが現実のようです。手遅れかなと思いつつ、毎日の歯磨きの大切さを痛感します。
歯を失う最大の原因と言われるのが歯周病です。歯茎が腫れや出血、口臭を伴い、次第に歯周ポケットが広がっていき最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

インプラントと歯周病

口の中を不潔な状態にしておくと、歯垢や歯石が溜まっていき、そこで細菌が増殖していきます。細菌はその毒素で歯肉に炎症を起こし、同時に歯槽骨を溶かしていくのです。
この状態を放置しておくと次第に歯を支えている骨が無くなってしまい、歯がぐらぐらし始めるようになります。歯周ポケットが深くなると益々その内部の清掃が困難になって、細菌にとっては都合が良い環境となります。最終的には下図のような過程を経て、歯は抜け落ちてしまいます。痛みがほとんどないので、いつの間にか大変なことになっているという怖い病気です。糖尿病などの生活習慣病を悪化させることもあるという報告もあるようです。

インプラントになっても歯周病にはかかります。インプラント周囲炎と呼ばれるものです。インプラントだから歯を磨かなくて済むというというわけではありませんので、歯磨きはしっかり行いましょう。