インプラントの費用

インプラントは自由診療−保険診療の問題点

インプラントは国民健康保険が適用されない自費診療の治療です。保険が適用されないのはやはり国の財政的な問題として、命に関わるような治療以外は新しく保険適用にはならないということが背景にあります。
しかし、保険が適用されていないこと=悪いことでもありません。保険というのは皆が平等に医療を受けられるという良い面がある反面、良い治療であっても悪い治療であっても同じ値段なので医療の質が落ちやすいという側面も持っているのです。実際に保険点数の低い治療では医師の意図的なミス、分かりやすく言うと手抜きの治療が行われているという報告もあるようです。

インプラント治療費の考え方

インプラントでは時間も材料費も高価になります(一本30〜50万程度)。良い治療を使用とすれば時間と手間がかかりますので費用はどうしても高くなります。インプラント自体にしてもその上に装着する技工物にしても質が違えば値段も変わります。技工物も腕の良い技工士に依頼すれば高くなりますし、安く抑えようとすれば見た目も機能性も劣るものになる可能性があります。CT検査をしたりコンピューターでシュミレーションをしたりするとそれだけ費用もかかります。また、症例によっては骨移植や再生療法などを併用する事でコストが上がることもあります。
難しいのは、高い費用=良い治療と言うわけではないことです。いろいろな工夫をして良い治療を安めの料金で提供している事もあるでしょうし、いい加減な治療をしていても高額な費用を請求してくるところもあるでしょう。
欧米では患者の医療に対する意識が高く、家や車を選ぶように歯科医師をいろいろな尺度で判断する時代になっているといいます。セカンドオピニオンといって複数の医師の説明を聞くことも選択肢としてあるでしょう。日本でも良い医師を選ぶ目を持つことがインプラントに限らず必要になってくるのではないでしょうか?